不動産物件は住みやすさと売りやすさで選ぶ

マイホームとして不動産物件を購入する時は、自分たちの生活に合っているかどうか、住みやすいかどうかと共に、将来売りやすいかどうかも念頭に入れて決めるのがよろしいでしょう。 マイホームですから売却など考えていない、と思うかもしれませんが、将来何があるか分かりません。実際に何千万円のローンを組んで念願の不動産物件を手に入れ、数年以内に手放す人は大勢います。数年先のことも分からないのに、何十年先のことが分かるはずがありません。今住み良い住まいであっても、子供たちが巣立ち、夫婦二人だけになり、高齢になった時にも住み良いとは限りません。 しかし売りやすさばかりにこだわって、自分たちのライフスタイルを考えないようでは、なんのためのマイホームか分かりません。まずは自分たち家族のライフスタイルに合致していること、その次に売りやすいかどうかを考える、という順番が良いでしょう。 売りやすいかどうかとは、エリアや区画なども影響しますが、リフォームがしやすいかどうかがとても重要です。特に一戸建てなら自分たちのためにもリフォームしやすい間取りにしておくべきでしょう。建て替えや増改築が可能かどうかは土地の形状も関係します。あとはメンテナンスを怠らないことで、家の価値を最大限維持できます。

佐賀 不動産はミヤタタッケンにお任せ下さい。
3086

不動産物件の売却で注意しておきたいこと

不動産売却を行うときは、まず初めに相場を調べておかなければなりません。自分が売りたいと思っている不動産は、同じ条件においてどのぐらいの金額で取引されているのか、それを知らなければなりません。なぜなら、相場を知らないまま値段を付けてしまうと、もし相場からあまりにもかけ離れていた場合は、買い手がつかなくなるからです。この場合、相場かを越えて高すぎるのもよくありませんし、相場を下回りすぎるのもよくありません。その中間ぐらい、ちょうど相場に歩調を合わせるような値段がちょうどよく、そのときに初めて買い手がつきます。どのような値段をつけるかは不動産会社で査定を受けてから決めますが、ここでも一つ注意しなければなりません。それは、不動産物件の査定はなるべく複数の不動産会社で受けることです。よくある失敗は一社だけに不動産物件の査定を依頼することですが、これでは正確な相場が分かりません。というのは、同じ条件の物件でも業者が変われば違う査定を行うからです。この差を埋めて平均価格を知るためには、複数の不動産業者に査定を依頼しなければならないのです。複数の会社に依頼するのが面倒な場合は、インターネットの無料一括査定を利用してください。ここなら、一度に複数の不動産会社から査定が受けられます。

Copyright ©All rights reserved.不動産物件は住みやすさと売りやすさで選ぶ.